その12 県外へ①

手術前提の通院が始まった

やってくれる医師探し

県内の手術派最右翼の先生へ
そして県外へ…

その先生は県内の外れに病院を構えていた
日本でも有数の猛暑を記録する場所にある
既に7月,40℃に届こうという日であった

診察はトントン拍子に進み
手術の話になる
前方固定を希望していることを伝えると
医師は「その方法も採りうる」との判断

にわかに光明が差した

しかし,詳しく聞いて行くと
およそ3ヶ月の休職が避けられないという…

時期的にも,今の立場的にも
それは致命的なことであった

他の病院でセカンドオピニオンをと思い
ネットで色々と調べて
遂に東京に進出した

大きな病院であったが,同じく2~3ヶ月は仕事はムリ
とのこと…

更にネットで調べると
探してみるもので
半月程で復職可能なようなことが書いてあるページを見つけた!!!

その12 県外へ①」への2件のフィードバック

  1. 大変な日々だったのですね
    安高の時も痛みはあったのですか??
    今はネットでさまざまな情報が調べられて便利になりましたね。
    私も去年、鼻の手術をして10数年苦しんだ鼻づまりから解放されました。
    ほんと完治されてよかったですね!

    1. どうもありがとう!
      安中の時にはそれほどでもなかったけど
      だんだん悪くなったんだよ
      そちらも良くなったそうで!よかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>